Cover Artist | Cornelius -後編-

フェンダーが好きだからシングルコイルになるんです

Corneliusインタビュー

コーネリアスではシングルコイル特有の鋭角的なサウンドや、アームを駆使したダイナミックなフレーズなど、フェンダー系ならではのギターサウンドを持ち味にしている小山田圭吾。現在はムスタングを愛用しているが、一貫してフェンダー系を使用してきた彼の遍歴とギターサウンドへのこだわりを聞いた。

ギターは指を動かしたら直に音に現れる 一番フィジカルだし身近な楽器
 

―  ギターの録り方はどのようにこだわっているんですか?

小山田圭吾(以下:小山田) そもそも今作「Ripple Waves」ではアンプを使ってないですから。アンプシミュレーターでハードディスクに録って。

―  音がクリアだからですか?

小山田 それもあるけど、面倒くさいじゃないですか。大変というか、ウチにはちゃんとしたブースもないので、夜にアンプを鳴らせないんですよ。マイキングとかセッティングが変わると音も変わるんだけど、アンプシミュレーターだと再現できるので、昨日録った曲を今日再現したり、10日前に録った曲を録り直したりできる。それでアンプシミュレーターにしています。

―  それは最近なんですか?

小山田 そうですね。アルバムでいうと、「Mellow Waves」からですね。それまではアンプを使っていました。かなり便利になりましたね。クオリティとアイディアを形にするスピードがだいぶ早くなってきた気がします。

―  いわゆるアンプリファイドした膨らみのある音じゃなくて、ダイレクトで録ったような音に感じます。

小山田 うん、今回はあまり歪んだ音では録ってなくて、わりと普通の生音ですね。ラインだからというのもあるかな。

―  生々しい音なのでドキッとします。

小山田 音楽の構造上の問題もあると思う。ギターを弾いている時に他の楽器が鳴っていないので、よりギターの音が前に出てくるように聴こえるんだと思う。

―  意図的にそのやり方で行こうと決めているんですか?

小山田 わりと決めてます。他の楽器もそうで。音楽の構造上、同じ帯域で鳴っている楽器は同じタイミングでは絶対鳴らないように作っているので。

―  縦軸で重ならないということですか?

小山田 縦と、帯域と時間軸でずらしているということです。

―  それで計算された配置で音が聴こえてくるんですね?

小山田 だからひとつひとつの音がより生々しく聴こえるんです。

―  本当にラインならではの音ですね。

小山田 アンプにそのままつないで、みたいなイメージの音を作っています。

―  楽曲にこういう裸の音が合いますね。シングルコイルを使っているのもそういう理由なんですか?

小山田 いえ、基本的にフェンダーが好きなのでシングルコイルになるんです。特に自分が使っているギターはフェンダーばかりで。

―  いろいろ試したんですか?

小山田 いろいろ使いましたけど、結局フェンダーが続いています。

―  小山田さんとギターとの出会いは、どういうきっかけがあったんですか?

小山田 3~4歳上のいとこが弾いていたのかな。それを見て、家にあったクラシックギターを真似して弾いたのが最初だと思う。小5ぐらい。歌本のコードを見ながら「デイドリーム・ビリーバー」を弾いたりしてた。

―  誰かに憧れたりとか?

小山田 音楽は好きだったけど、特に誰かというわけじゃなくて。

―  ギターヒーローはいました?

小山田 ギターヒーローはたくさんいますね。最初はギターを中心に聴いていて。元ザ・スミスのジョニー・マー、(この日着ていたTシャツの)ドゥルッティ・コラムのヴィニ・ライリー、エイドリアン・ブリュー、リッチー・ブラックモア、ランディ・ローズとか。中学生の頃はメタルを聴いてましたね。

―  今でもタッピングが出るのは…。

小山田 その頃の名残りですかね。普通にポップス、ニューウェイブも聴いていたけど。

―  ニューウェイブの頃は、ギターのアプロ―チがそれまでと変わったじゃないですか?

小山田 変わりましたね。ニューウェイブも広いじゃないですか、いろいろありました。ジョニー・マーみたいに変則チューニングでアルペジオをしたり、複弦でリフを作ったり。ネオアコ系だと複雑なコード進行、ディミニッシュ、ナインス、イレブンスを使ったり、ジャズっぽいアプローチも入ってきたり。ヴィニ・ライリーはディレイを使って独特の弾き方をしていました。マイブラのケヴィン・シールズもギターヒーローですよ。

―  ということは、時代ごとにいろんなギタリストを聴いていたわけですね。さまざまなツールがある中で、ギターは距離感として近いですか?

小山田 一番近いですね。もともと近い楽器じゃないですか。持って歩けるとか、音自体に触れられるとか、インターフェイスとして自由度が高い。鍵盤とかドラムにしても、音を出しているものには直接触れられないけれど、ギターは指を動かしたらそれが直に音に現れる。一番フィジカルだし、身近な楽器という意味では一番身近じゃないですか。

―  作曲の時はギターを使うんですか?

小山田 そうですね、キーボードでは作らないです。ギターでコードを探って、それをキーボードの音色で入れるとか、和音構成を鍵盤に置き換えたりとかはありますけど、作る時はギター。あと、DAW(Digital Audio Work station)で作ることもありますけど、コードを探ったり、音を探るのはギターですね。

―  ギターから作ったように聴こえないですよね。

小山田 コードを探る時だけですね。何から決めるかいうと、最初はキックの位置から決めていく。そこで、キーは何だろうっていう時にギターを触って。最初からギターを弾いてメロディーを作ってという感じではないです。コードを4つぐらい考えて入れてみて、音を並べて考えて、次はどうだろうって作っていく。だから、いわゆるシンガーソングライターみたいに歌と同時にというわけではないです。

―  いい意味で客観的にギターがあるというか、ギター臭さを排除したような印象ですけど。

小山田 ギターギターし過ぎると、それはそれで自分は好きだったりするけど、飽きたりするんです(笑)。ギタリストのアルバムでギタリストのエゴが強すぎると、聴いていられない(笑)。そこは自分なりにバランスを取っていて。それでもギターを弾きたいなっていう時はあるので、たまにギターソロを弾いたりするけれど。それは楽曲によってバランスを考えて、ですね。

―  ギターソロも独特ですよね。何かから引用したようなフレーズではなくて。

小山田 手グセっぽいのはつまらないので。手グセも入ってますけど、最初はインプロで5~6回弾いて、そこから編集するんです。で、構成を決めて、またそれを弾き直すんです。

―  アドリブで生まれたフレーズをエディットしたことで、自然じゃない感じになって?

小山田 そうそう、それで変な感じになって。それを覚えてまた弾き直す。

―  何かをよけながら歩いているようなリズムですね。

小山田 リズムとか譜割が急に早くなったり遅くなったり、音がずっと詰まっていたりするからね。


Mustangと言えばCharさんきっかけ 持つと「Smoky」を弾きたくなる(笑)
 

―  フェンダーのギターとの出会いもうかがいたいのですが、何が最初でした?

小山田 フェンダーじゃないんですけど、最初は他メーカーの黒いストラトシェイプを中学3年ぐらいの時に持っていて、それは高校の時もずっと使っていました。最初のフェンダーは何だったか思い出せないんですけど、水色のDUO-SONICを持っていて、形が好きでした。テレキャスも持っていましたけど、実は20年ぐらい前にギターを大量に盗まれて、だいぶ無くしたんですよ。「FANTASMA」のツアーの頃に70年代のラージヘッドのストラトを買って、それはずっと使っていました。あとリッチー・サンボラモデルも使っていた。リッチー・サンボラモデルは、フロイドローズのついた黒いストラトを探していた時に見つけて。インレイの星が嫌だったんだけど、星じゃないのを見つけたんですよ。ただの黒いストラトにフロイドローズがついて、6万円(笑)。フロイドローズだけで3万円ぐらいするのに、フェンダーメキシコでお得と思って買って。当時、バンドのメンバーだった清水君が改造マニアで、すごく改造してくれて、それは今でもたまに使うんです。その辺からずっとフェンダーばかりですね。

―  最近はMustangが多いですね?

小山田 3年ぐらい前、METAFIVEの頃から使っている64年モデルですね。その前はJazzmasterもけっこう使ってました。

―  Mustangを使うのは何か理由があるんですか?

小山田 METAFIVEのツアーのタイミングだったんです。Jazzmasterはスタジオでも酷使していたので、ライヴでもラクに使えてアームがついているヴィンテージのフェンダーで何かないかなと思っていて。YouTubeでCharのPINK CLOUDとか見てたら、“やっぱりMustangいいな”って思えたんです。いろいろ調べたら、白いMustangがちょうど売っていて。

―  Charさんきっかけだったんですね?

小山田 みんな普通に、Charさんきっかけですよね、Mustangと言えば。持つと「Smoky」を弾きたくなる(笑)。軽いし気に入ってますね。みんな、チューニングが不安定とかいうけど、ブリッジを替えたんですよ。新しいJazzmasterとかにもあるブリッジ。持っているJazzmasterもそれにしたんですけど。ネルス・クラインっていうウィルコのギタリストがすすめてくれたんです。あの人もずっとJazzmasterだから。

―  チューニング問題は解消されたんですね?

小山田 うん、全然問題ない。

―  パワーではやや劣りますけど?

小山田 そうですけど、あまり気にならないですね。音は伸びないですけど。JazzmasterはいいけどMustangはあまり伸びない。でも、あのプチっとした音がいいな。

―  それが楽曲に合っているんでしょうね。

小山田 けっこう気に入ってますね。アンプもフェンダーのBLUES DELUXE。単純に好きです、フェンダー系のアンプは。あと、リバーブを使うので、リバーブスイッチがついているのもいいですね。デジタル系のリバーブも使っていますけど、やっぱりスプリング系の短いリバーブはこっちが気に入っているので。

―  必ずアームのついているギターを使用されていますよね?

小山田 単純に好きなんですよ。アームがついていないと落ち着かないですね(笑)。テレキャスは音は好きなんですけどね。ビグスビー付きとか欲しいんですけど、ちゃんと弾いたことがなくて。アームはいろいろ違うけど、Mustangのアームが一番好きなんです。シンクロナイズドよりも好きかも。Jazzmasterのアームはメロウだけど、あまりグワンとはいかない。Mustangは結構、グイグイやれるから好きですね。

› 前編はこちら


Cornelius

Stratocaster
ライヴ用のサブのAmerican Professional Stratocasterをサスティナー付きに改造。Eボウを使って弾いていたロングトーンのフレーズがラクに出せるようになったことで、今後はシタールっぽい音を出したり、ドローン(持続音)を取り入れた楽曲で使用する可能性も。

PROFILE


Cornelius
69年、東京都生まれ。89年、フリッパーズギターのメンバーとしてデビュー。バンド解散後、93年にCornelius(コーネリアス)として活動開始。自身の活動以外にも、国内外多数のアーティストとのコラボレーションやリミックス、プロデュースなど幅広く活動中。
› Website:http://www.cornelius-sound.com/

New Album
Ripple Waves
¥2,400(tax in)
ワーナーミュージック・ジャパン
2018/09/19 Release

TOUR SCHEDULE
「Cornelius Mellow Waves Tour 2018」
10/3(水)福岡国際会議場 メインホール
10/5(金)大阪オリックス劇場
10/8(月・祝)東京国際フォーラム ホールA
10/13(土)富山 南砺市福野文化創造センター 円形劇場ヘリオス
10/19(金)岡山市立市民文化ホール
10/21(日)愛知 日本特殊陶業市民会館 ビレッジホール
10/24(水)札幌市教育文化会館 大ホール
10/27(土)宮城電力ホール
11/7(水)タイ バンコクVoice Space
11/9(金)台湾 台北Legacy
11/11(日)香港Clockenflap

Related posts