• HOME
  • Fender News
  • PRESS RELEASE
  • フェンダー ミュージカル インストゥルメンツ コーポレーション、PreSonus Audio Electronics, Inc買収に関する契約締結のお知らせ
07082021-2021-new-releases

フェンダー ミュージカル インストゥルメンツ コーポレーション、PreSonus Audio Electronics, Inc買収に関する契約締結のお知らせ

世界をリードする楽器メーカー、販売会社、ディストリビューターであるフェンダー ミュージカル インストゥルメンツ コーポレーション(所在地:米国 カリフォルニア、CEO アンディ・ムーニー、以下「FMIC」)は、PreSonus Audio Electronics, Inc(プリソーナス・オーディオ・エレクトロニクス インク、以下「PreSonus」)との合併に関する契約を締結したことを米国時間11月1日に発表いたしました。

ルイジアナ州、バトン・ルージュを拠点とするPreSonusは世界をリードするレコーディングおよびライブサウンドのハードウェアやソフトウェアのデザイン及び製造会社で、プロのクリエイターの悩みを解決する様々な製品を展開しています。

FMIC CEOアンディ・ムーニーは、「PreSonusチームのメンバーをFMICファミリーに迎えられることを大変嬉しく思い、両社の今後の成長を楽しみにしています。」続けて「両社ともに、音楽への情熱、革新へのコミットメント、現在および次世代のアーティストにインスピレーションを与え、製品を提供したいという共通の目標に向かっています」とコメントしています。

PreSonus チェアマンであるケヴィン・クーイグは、「20年間に渡って、PreSonusを支えてくださったバトン・ルージュおよびルイジアナ州の皆様に、多大なる感謝を申し上げます。」続けて「PreSonusとともに歩んできた道は素晴らしいものでした。今後の展開を期待しています」と述べています。

Presonus 創業者・CSOであるジム・オドムは、「設立から25年以上が経った今、PreSonusの成長をサポートしてくれる適切なパートナーを見つけたと感じています。」「我々は、現在そして未来のお客様に今回の提携が意味することを今後お見せできることを楽しみにしています」と述べています。

PreSonus CEOのジム・ボイトノットは、「PreSonusとフェンダーの共通するビジョン、音楽制作の未来に対する考え方、そして目標の根本的な一致が、この締結につながりました」と述べています。

フェンダーは75年以上にわたり、アーティストを支える製品の製造に取り組んできました。技術の進歩に伴い、人々の音楽制作やレコーディングテクニックは常に進化しています。ほとんどのギターやベースを演奏者はアンプを使用し続けていますが、多くの人は楽器をインターフェースに接続し、バーチャル・アンプやエフェクトを使って自分のサウンドを作ります。あらゆるレベルのプレイヤーが、かつてないほど多くの時間をオンラインで過ごし、学習、練習、ジャムセッション、演奏、録音、共有のために様々な製品やテクノロジーを利用しています。このような現代のワークフローは、従来のシグナルチェーンを拡大し、クリエイティブなコンテンツの収録と世界に向けての配信を含むようになりました。フェンダーは、ハードウェアとソフトウェアをシームレスに統合して、お客様のクリエイティブな活動のあらゆるレベルにおいて、ストレスのないエンド・ツー・エンド体験を提供するエコシステムをビジョンとして持っており、PreSonusと手を組むことでそれが可能になります。

1995年にジム・オドムとブライアン・スミスにより設立されたPreSonusは、手の届く価格でプロフェッショナルな音質をと機能を誇る革新的なオーディオ製品をデザインする会社です。その歴史の中で、PreSonusはミュージシャン、コンテンツクリエイター、プロデューサー、オーディオエンジニアに斬新な機器を提供し続けてきました。現在、PreSonusは世界をリードする、働くクリエイターの悩みを解決するレコーディングおよびライブサウンドのハードウェアとソフトウェアのデザイナー兼メーカーです。

・本合併の成立は、米国の規制当局の承認およびその他の慣習的な完了条件を満たしたのちに成立する見込みです。現時点では、FMICおよびPreSonusは引き続き個々の事業体として運営されます。
・Gibson, Dunn & Crutcher LLP(ギブソン・ダン・クラッチャー法律事務所)がフェンダー ミュージカル インストゥルメンツ コーポレーションの法律顧問を務めました。
・PresonusはRobert W. Baird & Co.よりアドバイスを受け、Butler Snow LLPが法律顧問を務めました。

■フェンダー ミュージック インストルメント コーポレーション(FMIC)
1946 年の設立以降、FMIC は世界をリードする楽器メーカー、販売会社、ディストリビューターとして、音楽と文化に革命を起こしてきました。FMIC は、FENDER®、SQUIER®、GRETSCH®、 JACKSON®、EVH®、CHARVEL®、BIGSBY®などのブランドを所有・ライセンスしており、プレイヤーを中心としたアプローチで、ジャンルを問わず最高品質の楽器の製造とデジタル体験を提供し ています。フェンダーのデジタル部門では、2015 年よりどのステージのプレイヤーにも寄り添う製 品やインタラクティブな体験を提供する新しいエコシステムを導入しています。その一つとして、 フェンダーのギター、アンプ、エフェクター、アクセサリー、プロオーディオ機器の利用を補完す るために設計された革新的なアプリや学習プラットフォームを開発し、没入型の音楽体験を通じて プレイヤーにインスピレーションを与えています。また FMIC は、初心者から歴史に名を残すレジェンドまで、全てのプレイヤーが音楽表現の力を最大限に出せるよう様々な取り組みを行っています。2021 年には創業 75 周年を迎え、創業者レオ・フェンダーのビジョンを継承し、音楽への愛 を共有することでプレイヤーと繋がり続けます。

PRESONUS AUDIO ELECTRONICS, INC.
1995年に設立され、PreSonusは、ミュージシャン、コンテンツクリエイター、プロデューサー、オーディオエンジニアに革新的な機器を提供しています。現在、ルイジアナ州、バトン・ルージュを拠点とするPreSonus社は世界をリードする、働くクリエイターの悩みを解決するレコーディングおよびライブサウンドのハードウェアとソフトウェアのデザイナーとメーカーです。音があなたをどこへ導こうとしても、PreSonusはあなたを支え続けます。

Related posts