• HOME
  • Fender News
  • GEAR
  • Fender Re-Creation: Wilcoの’s ジェフ・トゥイーディがプレイする”Impossible Germany”
re-creation-jeff-tweedy

Fender Re-Creation: Wilcoの’s ジェフ・トゥイーディがプレイする”Impossible Germany”

オルタナティブロックのレジェンドであるジェフが、American Acoustasonic Jazzmasterを使って、Wilcoの名曲をシンプルに演奏します。

Wilcoのフロントマンであるジェフ・トゥイーディは、キャリアを通じて、ロック、カントリー、ジャズ、ポップスなど、さまざまなジャンルからインスピレーションを得ながら、現在ラジオで流れている様な、オルタナティブサウンドを形成することで高い評価を得てきました。

今回、「Re-Creation」で演奏するにあたり、彼は、Wilcoの11枚のアルバムに収録されている豊富な曲の中から選ぶことができました。

彼は、American Acoustasonic Jazzmasterを爪弾きながら、”Impossible Germany”という曲を選びました。この曲が、American Acoustasonic Jazzmasterの変幻自在な性能を示すのに最適な曲だと感じたからです。


2007年に発売されたWilcoのアルバム『Sky Blue Sky』(ギタリストのネルス・クラインと最初に共演したアルバム)に収録されている”Impossible Germany”は、ゆったりとしたジャムセッションから始まり、70年代のニューヨークのオルタナティブロックの象徴であった、Televisionのような2本のギターによる激しいプレイへと発展してく曲です。

彼がAmerican Acoustasonic Jazzmasterで演奏した”Impossible Germany”は全く新しい雰囲気を醸し出しています。グラミー賞を2度受賞しているジェフとギターだけのスタジオでは、繊細なフレットワークと、彼の素晴らしい歌声が、共に輝きを放っています。

American Acoustasonic Jazzmasterの演奏性の高さと、無限の可能性によって、クラシックな曲を見事に生まれ変わらせています。

ジェフ・トゥイーディがAmerican Acoustasonic Jazzmasterを使って演奏する“Impossible Germany”は、上のビデオでご覧ください。

Related posts