チューニングの7つのコツ

チューニングを素早く、正確に行うためのコツを学びましょう。

how-to-music-7-tuning-tips

ギターをプレイする前に、まずチューニングを合わせましょう。ここにチューニングに役に立ついくつかのヒントをお教えします。

6弦を最初にチューニングする

6弦、低いE音の弦は、一番テンションがかかっています。これはネックや、ギターのその他のパーツに与える影響が最も高いです。これは6弦のチューニングが変更された時に、他の弦のチューニングにも影響する可能性があることを意味しています。

常にチューンアップ!

少し低くチューニングしてから、音程をあげながら正しいチューニングに合わせます。弦のテンションを低くして合わせるのではなく、テンションを加えてチューニングを合わせることは、演奏する際により安定させることにつながります。

安定するまで待つ

弦をピックで弾くと、最初は少し高い音がなり、そのあと実際の音に収まります。チューナーは最初の音に反応しますが、少し弾いてみてからチューナーを確認して音程を合わせましょう。

よく聴く

チューナーを確認しながら、出ている音をよく聞いてください。これは、あなたの耳を鍛えるいい訓練になります。

静かに

チューナーはギターの音と他のノイズを区別することができないので、特にアコースティックのチューニングする際には、可能な限り静かな場所で行いましょう。

エレキギターの場合

エレキギターのチューニングをするときは、必ずピックアップセレクターをリアに設定してください。これはチューニングを妨げる周波数を最小限に抑えるのに役立ちます。

アコースティックの場合

Fender TUNEなどのスマートフォンアプリでチューニングする場合には、できるだけチューナーをギターのホールに近づけてください。マイクをギターに向けて、弦の音をできるだけ拾いやすくしましょう。


良い音を出すには正しいチューニングが必要です。このヒントを参考に正しいチューニングを学んでみましょう。

Related posts