Amaj? Amin? コードシンボルの読み方

メジャーとマイナーの見分け方と各シンボルについて

how-to-amaj-or-amin-a-guide-to-translating-chord-symbols

各コードの名前やシンボルは一見複雑に思えるかもしれませんが、基本さえ知っていれば簡単に理解できます。各コードシンボルは、ルート音とコード特性で構成されています。

ルート音

コードシンボルの冒頭のアルファベットは、コードにおけるルート音です。例えばCマイナーのルート音はCであり、Gメジャーのルート音はGです。

コード特性

コード特性はコードの種類を示すものです。たとえばAマイナーのコード特性はマイナーであり、Dメジャーのコード特性はメジャーということになります。メジャーは明るく、マイナーは物悲しいといったふうに、コード特性は各コードの持つ響きを示しています。

シンボルの読み方

コードシンボルは譜面にコードを記す際に使用されます。ルート音の隣に、コードのタイプを決定する様々な略称やシンボルが添えられています。以下は略称の一覧です。

シンボル 使用例
Major maj, M, D C maj
Minor min, m, – C min
Augmented aug, + C aug
Diminished dim, ° C dim


この表からもわかるように、コードシンボルはルート音とコード特性を組み合わせたものです。


中にはコード特性の表記がないコードもあります。音楽記号には例外が数多くしますが、これもそのひとつです。メジャーコードは特性が表記されない場合があるため、単にCと記されているもはCメジャーを指しています。

一旦読み方を覚えてしまえば、コードのルート音と特性を示すコードシンボルは、譜面を見ながら正しく演奏する上で大いに役立つでしょう。

Related posts