耳を使ってチューニングする方法

耳で音の違いを捉えてチューニングする方法を学びます。

how-to-tune-your-guitar-by-ear

ギターを手に取って、まず最初にすべきことはチューニングです。

チューニングの方法を知っていることは重要ですが、実際にその音程の違いを捉えるためには練習が必要です。ここに音程の違いを捉えるための幾つかのヒントがあります。これらのエクササイズをすることで、音程の微妙な変化に気付くことができるスキルが身につくでしょう。

“チューナーを用意しましょう!チューナーを使用することで正しく学ぶことができます。”

音程を低くして戻す

 

まず、チューナーを使ってチューニングをしましょう。6弦であればチューナーをEにセットし、チューニングします。

チューニングを合わせたら、音を鳴らして注意深く音程を聞きます。

次に音を鳴らしながらゆっくりと時計回りに1/4回転チューニングキーを回します。そのあと元の音程まで戻してみましょう。 元の音程に戻すときに音がどのように変化しているか、しっかりと聞いてみてください。

音程を戻したら、チューナーを使って正しい音程にチューニングします。各弦で同じことをしてみましょう。

音程を高くして戻す

 

上記とやり方は同じですが、今度は反時計回りに1/4回転チューニングキーを回します。そのあと元の音程まで戻してみましょう。 高い音程から元に戻すときに、一度元の音程よりも少し低い音程にしてから再度正しい音程に戻してみてください。各弦で同じことをしてみましょう。チューナーを使って正確な音程になっていることも確認しましょう。


耳を鍛えるということは、とても時間がかかるプロセスです。しかし、上記の練習をすることで、音程の細かな違いを捉えることができるようになり、より早く上達することができるでしょう。

Related posts